はじめて見た映画の感想を簡単に記していきます。また僕の興味のあるもの、お気に入りの音楽、日々の雑感なんかもつらつら書きたいと思ってます。


by ryuzisbar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ストーンズ in WOWOW

a0016093_23472677.jpg

今日WOWOWで今年の4月2日、さいたまスーパーアリーナでのストーンズのライブが放送され、当然のように録画のうえ見ました。

今回のツアーは大阪には来なかったし、あまり関心もなかったのですが、WOWOWのおかげでライブの中継が見れてラッキーです。

以下この日のセットリスト。放送もこの順番で完璧にしてくれました。

Jumping Jack Flash
It's Only Rock'n Roll
Let's Spend The Night Together
Oh No, Not You Again
Sway
Wild Horses
Rain Fall Down
Midnight Rambler
Tumbling Dice
--- Introductions
This Place Is Empty (Keith)
Happy (Keith)

Miss You (to B-stage)
Rough Justice
Start Me Up
Honky Tonk Women (to main stage)

Sympathy For The Devil
Paint It Black
Brown Sugar

You Can't Always Get What You Want (encore)
Satisfaction (encore)

全体の構成は近年のツアーとほぼ同じ。中盤にキースのソロ、センターステージでのライブ、そして怒涛のクライマックスで閉める。
一応新譜の発売に合わせたツアーですが、3曲しかしなかったのは少し寂しいですね。

中盤でのハイライト、Midnight Rambler の長い演奏はカッコよかった。ミックのハーモニカも決まってたし、かなりイケてました。
あとやっぱりセンターステージ。一度でいいからセンターステージ付近でライブを見たい。もうそこに手が届きそうなくらいの距離ですもんね。Start Me Up の盛り上がりは半端ではなかったです。

過去2回彼らのライブを生で見ましたが、いずれも大阪ドームのスタンド席だったので、ステージの様子などよく見えないところも多かったので、今回の中継でいろんな発見があったりしてうれしかった。

しかし元気な人たちですねー。みんな細いし。
キースはハンモックから落っこちて重症で、ヨーロッパツアーが延期になったらしいけど、大丈夫なのかな?
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-05-28 00:05 | Music
a0016093_2229661.jpg

今日DS Liteを手に入れました。
なかなか品薄で入手困難らしいですけど、某電気量販店で普通に買えましたです。

あんまり携帯ゲームには興味がなかったのですが、はやりものに弱いミーハーなボクはついつい手が出てしまいます。

話題の「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」も同時に購入。
ホントにミーハー全開。

早速脳年齢とやらにチャレンジ・・・・
ふんふん、といいつつ順調にこなしていくボク。

結果は・・・・・

なーんと54歳だって!( ̄□||||!!

実年齢より20歳くらい脳がイカれてるってことなのか~?

( ̄~ ̄;) ウーン

もういっかいやろっと。
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-05-26 22:42 | etc...
a0016093_19365971.jpg
講演会のためパリを訪れていたハーヴァード大学教授のラングドン。突然、深夜にフランス司法警察のファーシュ警部に呼ばれ、ルーブル美術館に連れ出される。美術館長のソニエールが殺され、彼に捜査に協力して欲しいとの要請を受けるが、実は、ラングドンも容疑者にされていたのだった。そこにソニエールの孫娘で、暗号解読者のソフィーが現れる。ソフィーは、現場の写真を見て、祖父が自分だけに分かる暗号を残したことに気付く。

全世界的に話題沸騰中にて、思わず見に行ってしまいました。
監督のロン・ハワードとトム・ハンクスと言えば、トムの若かりしころの「スプラッシュ」とオスカー3年連続獲得か?と期待のあった「アポロ13」。この映画で3本目なんですよね。しかし2人とも物凄くビックになったものです。

さて映画のほうですが、ほとんど前知識なく見たせいか、?っとなる点もしばしばあったり、無宗教が染み付いている日本人的な感覚では、キリスト教の価値観はあまりピンとこないこともあったり。欧米ほどヒットは難しいんじゃないかな、と思います。この点は一昨年の「パッション」に似たところですよね。キリストやダ・ヴィンチについていい勉強になりました。原作を読んでから見るのもいいかもしれませんね。

派手な演出はなく、知的で良質なサスペンスで大人向けの映画だと思います。このあたりロン・ハワード監督らしいところといえますね。キャストも渋い。ロード・オブ・ザ・リングシリーズのガンダルフ、イアン・マッケラン、「アメリ」のオドレイ・トトゥ、いづれもイメージをガラッと変えていい感じに演技しております。トム、ジャン・レノは言うに及ばずです。さすが。ストーリーの展開がややつめこみ気味に感じたのはやはり原作が割りと長めだからか、読んでないのでわかりませんが。

いろいろ物議をかもしてますけど、あくまでもフィクションとして見るのがよいと思います。一部のクリスチャンがキリストを冒涜している云々抗議なんかしてますけど、あくまでもフィクション。あまりムキにならずに楽しんだらいいのにっと思いますけど(日本人的な感覚)。「いやならそういう人は見なければいい」とトムも言ってます。映画はあくまで嗜好品ですから。
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-05-22 20:09 | Movie (た行)

Sweetbox が好き

a0016093_22115569.jpg

最近の洋楽ではSweetboxがお気に入りで、よく聴いております。
バッハの「G線上のアリア」をカバーしたシングル「Everything Is Gonna Be Alright」がまだ記憶に新しいですね。日本でもCMで使われて結構巷では流れておりました。

最近出たアルバム「Addicted」では浜崎あゆみに提供した曲なんかもあってそれなりに話題になっているようです。AVEXつながりなんでしょうね、きっと。

クラッシックの楽曲の綺麗なメロディーと、POPで最先端なアレンジがウマくミックスされていてドライブにちょうどよい心地よさです。

「Classified」からのボーカル、Jadeはかわいいし、歌も前の人よりいい感じで、ますます僕のお気に入りリストの上位に上がってきそうなアーティストです。
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-04-29 22:31 | Music

清原!

a0016093_22231796.jpg

今日は神戸のスカイマークスタジアムにオリックスVS楽天戦を見に行ってきました。
今年のオリックスはキヨとノリのおかげで盛り上がり方は半端ではないですねー。

思わず雰囲気に乗せられて清原のだんじりストラップなぞ買ってしまいました。
我ながらミーハーです。
もともと清原はPL時代から好きでしたが、僕の嫌いな球団にいたので(西○とか○人とか)おおっぴらに応援できなかったけど、今日は思いっきり清原の応援ができました。ノーヒットだったけど。でも試合前の15分間くらいファンサービスでグラウンドで一人ランニングをして声援に応えている姿を見てすごくうれしかった。プロです。流石。

試合はというと惜しくも負けてしまいましたけど、中村ノリの綺麗なHRを見れたし、天気もよかったのでいい気分で野球を楽しめました。
いい球場ですね。芝が綺麗で緑がいっぱいだし、すいているし。
それに家から近いしね。
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-04-16 22:35 | Sports
a0016093_10475190.jpg

最近クルマの中でよくスガシカオを聞いています。
今までほとんどまともに聞いたことがなかったのですが、去年の秋に出た村上春樹の音楽エッセイの中の「スガシカオの柔らかなカオス」というコーナーで、J-Popにあまり魅力を感じないと言っているムラカミさんが、かなりお勧めしているので試しに聞いてみたのがきっかけ。いまではすっかりお気に入り。我ながら単純だとは思いますが・・・

僕も日常的にあまりJ-Popは聞かない。でも彼の音楽はムラカミさんが言っているように、歌謡曲ぽくなくスマートだし、アレンジもすっきりしていてカッコよいです。黒人のファンクっぽい肌触りが癖になる。J-Popってなにがなんでも歌謡曲ぽさが耳につくし、ロックみたいなのばかりだから。

あと歌詞も面白いですね。何気ない日常的な情景のなかで独特の世界観みたいなのが歌われていて、聞けば聞くほど面白いです。まさにムラカミさんの文体に共通するものが感じられる。スガシカオさんもムラカミさんのファンらしいです。なんとなくわかるような気がします。
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-04-15 11:04 | Music
a0016093_21281981.jpg
すばらしい記録ですねー。メジャーとは違う次元ですので記録としては単純比較はできないと思いますけど、すごい記録です。
金本が来てからの阪神はまるで別のチームのように戦う集団に生まれ変わり、その影響力の大きさは星野前監督以上かもしれません。

ありがとうアニキ。これからも頑張って僕たちファンを楽しませてください。
ホントにおめでとうございます。
ハイ、オメデトーフ(*゜▽゜)_□
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-04-09 21:34 | Sports
a0016093_1639123.jpg

昨日、某駐車場に停めていた僕のクルマにこんなひどいことしたの誰ですか?
今日ディーラーに持っていったら修理に5万円かかるらしい・・・。(;´д`)トホホ
しかも工場で修理するので1週間ほど代車に乗る羽目に。

哀しいです。イタズラする人の気が知れませんです。

。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-04-08 16:44 | etc...

Mr.&Mrs. スミス (05 米)

a0016093_2103527.jpg
南米で情熱的な恋に落ちたジョンとジェーンは、結婚し、晴れて「Mr. & Mrs. スミス」となる。5~6年後、夫婦に倦怠感が生まれていたある日、ふたりはお互いの「裏の顔」を知ってしまう。ジョンは建築業を隠れ蓑にした凄腕の殺し屋。プログラマーのジェーンは暗殺組織のエースだったのだ!この稼業では、自分の正体を知った相手を48時間以内に始末することが暗黙のルール。こうして、ふたりの壮絶な夫婦対立が勃発する…!

アップテンポでシンプルに楽しめました。主演2人の魅力と、派手なアクション。いかにもハリウッド作品といった感じ。アンジーもますますきれいになっちゃって。ブラピとできてしまったのですね、この映画で。そんなこんなで息のあった演技もうなずけます。

しかしすごい夫婦喧嘩ですねー。命がけ。
最後のほうの銃撃戦のシーンを見ていると「俺たちに明日はない」のボニー&クライドが頭をよぎりました。カップルで悪党というのもカッコよいものです。
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-04-04 21:09 | Movie (ま行)

四月の雪 (05 韓国)

a0016093_20353033.jpg
コンサート会場の照明チーフディレクターのインスの元に、妻の交通事故の知らせが届く。海岸沿いの小さな町、サムチョクの病院に着くと、そこには見知らぬ女性ソヨンと、もうひとつの受け入れがたい事実が待っていた。事故に遭った時、インスの妻とソヨンの夫は同じ車に乗っていたのだった。デジカメ、携帯電話には、二人が知りたくない秘密が残されていた。突然の出来事に、戸惑いながらも、看病をする二人。二人にしか分からない苦しみを背負った彼らは、励ましあううちに、いつしかお互いを心の支えにしていることに気付く。

どこかで見たようなストーリーだなぁ、と思っていたら、一昔前のハリソン・フォード主演の「ランダム・ハーツ」のパクリ?みたいなお話。ということであまりストーリーには感心できなかった。
最初のほうでペさんが鼻血を出したので、韓国作品にありがちな白血病か?と思いきやまったくその後に関係なし、といった意味不明な伏線もあり、結構支離滅裂。これではペファンしか楽しめない作品のよう。ラストもよく分からなかったし。

とはいえソン・イェジンの憂いを含んだお顔はすばらしく魅力的で、僕的には彼女に救われた作品と言えます。ペさんのファンには申し訳ないですけど・・・。

ペさんはやっぱり好きな季節は冬なのですね。クルマもRV車だし。
[PR]
# by ryuzisbar | 2006-04-04 20:45 | Movie (さ行)